読書に映画、独学で英語

アクセスカウンタ

zoom RSS 仕事を通して描かれる人生模様

<<   作成日時 : 2017/01/08 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あなたにとって、仕事とはなんでしょうか。

小説『迷子の王様』は、垣根涼介さんによる「君たちに明日はない」シリーズの第5巻にして最終巻です。このシリーズは、仕事を通して人生を考えることができる小説です。シリーズの最初から欠かさず読んできましたが、あとがきによれば、このシリーズの書き始めは2004年だそうです。このシリーズと出合ってからずいぶん時が流れているのですね。

シリーズをリストアップしておきます。
『君たちに明日はない』
『借金取りの王子』
『張り込み姫』
(これはブログでもとりあげました。当時の記事はこちら
『永遠のディーバ』
『迷子の王様』

乱暴に紹介すれば「リストラ専門会社の担当者が、クライアント企業のリストラ候補者と面談を行い、クライアント企業のリストラ策に貢献する」というものです。しかし、実際にはそんな単純な話でも非道な話でもありません。リストラ請負人の主人公・村上真介が面談を通してリストラ候補者たちの仕事観、人生観をあぶりだし、それぞれが自分にとって(結果的に、というのも含め)最善の選択をしていくというストーリーです。

なぜ仕事をしているのか?
仕事をする場合、今の会社でなければいけないのか?
今の会社なら職種が変わってもいいのか?
そもそも、今の職場、職業を選んだきっかけはなんだったのか?
今の会社を辞めた場合はどうなるか?反対に、残った場合は?
自分の人生をどう生きたいか?

などさまざまな問題が、面談を受けているリストラ候補者につきつけられると同時に、面談する側の真介自身にも提起されます。もちろん、読者である私たちにとっても、リアルなものとして考えさせられる問題です。

現在仕事をしている方にもしていない方にも、何か心に響くものがある小説だと思います。


迷子の王様: 君たちに明日はない5 (新潮文庫)
新潮社
2016-10-28
垣根 涼介


Amazonアソシエイト by 迷子の王様: 君たちに明日はない5 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ

仕事を通して描かれる人生模様 読書に映画、独学で英語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる