星の王子さま

NHKラジオフランス語講座の応用編は、『星の王子さま』が素材となって
いました。4月から始まった3ヶ月シリーズなので、話はいよいよ佳境に
入ります。

私の一番好きな、「大事なものというはねえ、目には見えないんだよ」
という王子さまのセリフもようやく出てきました。
"Ce qui est important, ca ne se voit pas...."
実際は"ca"の"c"の下にはセディーユというひげのようなものがつきます。

このセリフは、もともとはキツネが王子さまに言った言葉です。
"On ne voit bien qu'avec le coeur. L'essentiel est invisible pour les yeux."
「心で見なければ、よく見えてこない。大切なものは目には見えないんだ」

王子さまが自分の言葉で表現するところがいいんですよね。テキストの
解説を読むと、「王子さまが言い直すことによって、キツネの『秘密』は
より一般的な広がりを獲得することになります。(中略)一種の基本的な
世界観にまでしています。」とあります。

子どもの頃に観たアニメから始まり、翻訳版、短大のフランス語の講義、
英語版・・・といろいろな角度で接しているこの作品ですが、こうして改めて
学習してみると、とても奥が深いです。

フランス語の勉強としても見直したいですが、まずはもう一度翻訳版を
じっくり読んでみたいと思っています。最近はいろいろな出版社から
さまざまな翻訳者の作品を読むことができるので、それも楽しみです。
今まで岩波書店が独占していた翻訳権でしたが(手持ちのものはその
“元祖”版です)、2005年1月に原作の日本での著作権保護期間が満了
したためにこの1年でたくさんの『星の王子さま』が誕生しているんです。

『星の王子さま』を読んだことがあるみなさんは、どの場面が好きですか?
また、どのような感想をお持ちでしょうか。

この記事へのコメント

hiromi
2006年06月28日 12:18
「星の王子さま」も「ジャングルブック」同様いつまでも持っていたい本の一冊です。
私も岩波版。英語訳のペーパーバックもあります。

実は私、砂漠が好きなので、まずサハラ砂漠でもっていかれます。
あと、やっぱりあの挿絵。
砂漠に星。美しい。
2006年06月28日 23:43
hiromiさん、こんばんは。
砂漠がお好きなのですね。はい、挿絵はどれをとっても美しいです!

この記事へのトラックバック

  • 「星の王子さま」再び

    Excerpt: 7月からのNHKラジオ「フランス語講座」は、2006年4月~6月に 放送された「『星の王子さま』を読もう」の再放送です。そんな こともあってか、再び『星の王子さま』に注目しています。 Weblog: 読書に映画、独学で英語 racked: 2007-07-02 22:52