YouTubeの活用

みなさんはYouTubeをどのような時にご覧になっているでしょうか。

英字新聞や洋雑誌を読んで気になったトピックについて、知識や英語
スキルを補足するために関連ニュースを探して見る、というのが今までの
私のYouTubeの使い方でした。

先日のシャンソン講習会では、事前に課題曲をYouTubeでチェックして
きたという方がいらっしゃいました。

歌うときには、メロディ、リズム、発音、発声、表現など意識を向ける
ことが多くあります。その意識の負担を減らせば、より上手に歌うことが
できます。メロディやリズムを気にしながら発音を意識し、さらに情感を
込める・・・なんていうのは至難の業です。実際、私が「もっと心を込めて」
と指摘されたときは、音程のことしか考えていませんでした。

ちなみに、今回の課題曲はこちらです。CMで使われているそうなので、
聞いたことのある方が多いのではないでしょうか。



そういえばピアノを習っていた時も、練習曲のレコード(!)を良く聴いて
いたものです。良く聴き込んでいる曲は確かに上達が早く、子どもながらに
耳からの学習効果の威力に驚いたものでした。

そう考えると、無料でさまざまなコンテンツを提供してくれているYouTube
というのはありがたい存在ですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック