辻村深月さんとドラえもん

ずっと前から気になっていた辻村深月さんがドラえもんの映画脚本を担当されたそうで、そのノベライズ版があったので読んでみました。『小説「映画 ドラえもん のび太の月面探査記」』(小学館)です。

ドラえもんは子どものころから親しんでいたこともあり、最初の一冊としては良かったと思います。想像したよりも奥が深い内容で楽しめました。

これがきっかけになって、辻村さんがドラえもんのファンだということ、ドラえもんの道具がモチーフになった小説を書かれていることを知りました。

そこで『凍りのくじら』(講談社文庫)を購入し、辻村さんの小説を続けて楽しんでいます。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック