英語のジョーク

今回はアメリカンジョークを楽しみましょう。

Final Exam 《期末試験》

This past fall semester, at Duke University, there were two sophomores who were taking Organic Chemistry and who did pretty well on all of the quizzes and the midterms and labs, etc., such that going into the final they had a solid 'A'. These two friends were so confident going into the final that the weekend before finals week, even though the Chem final was on Monday, they decided to go up to University of Virginia and party with some friends up there. So they did this and had a great time. However, with their hangovers and everything, they overslept all day Sunday and didn't make it back to Duke until early Monday morning.

《この秋学期、デューク大学に、有機化学の科目をとって、小テストや中間試験、研究などで良い成績だった2人の二年生がいた。彼らの成績Aは固かった。この2人の友人たちはとても自信があったので、期末試験前の週末に(有機化学の試験はしかも月曜日だったが)ヴァージニア大学でのパーティーに参加することにした。とても楽しいときを過ごしたのだが、二日酔いやら何やらで日曜日は寝過ごし、月曜日の朝になってようやくデューク大学に帰ってきた》

Rather than taking the final then, what they did was to find Professor Aldric after the final and explain to him why they missed the final. They told him that they went up to UVA for the weekend, and had planned to come back in time to study, but that they had a flat tire on the way back and didn't have a spare and couldn't get help for a long time and so were late getting back to campus.

《結局期末試験を受けることをせず、彼らは試験終了後にAldric教授を探し、受けなかった理由について説明した。週末にヴァージニア大学に行って、帰ってきてから勉強する時間を作るつもりだった。ただ、帰る途中にパンクしてしまい、スペアタイヤを持っていなかったため助けを得るまでに時間がかかってしまった。それで学校に戻ってきたのが遅くなったのだと。》

Aldric thought this over and then agreed that they could make up the final on the following day. The two guys were elated and relieved. So, they studied that night and went in the next day at the time that Aldric had told them. He placed them in separate rooms and handed each of them a test booklet and told them to begin.

《Aldric教授は考えて、彼らに翌日期末試験を受けることを認めた。この生徒たちはほっとした。その夜勉強して、翌日Aldric教授に言われた時間に試験に臨んだ。彼らを別々の部屋に入れ、各自にテストを配り始めるように伝えた。》

They looked at the first problem, which was something simple about free radical formation and was worth 5 points. "Cool" they thought, "this is going to be easy." They did that problem and then turned the page. They were unprepared, however, for what they saw on the next page.

《最初の問題を見たら、遊離基構造についての簡単なことで、配点は5点だった。「これは楽勝だな」と彼らは思った。次のページに進んだが、残念ながらこの問題については準備ができていなかった。》

It said: (95 points) Which tire?

《そこにはこう書かれていた。(配点95点)どのタイヤ(がパンクしたの)ですか?》

これは、Funny.comという読者参加型のサイトで見つけたジョークです。英語のジョークというと、語感や背景を知らないと理解しにくいものもありますが、今回ご紹介したもののように比較的わかりやすいものもあります。2020年現在、このサイトはなくなっていますので、類似のFunnyShortJokes.com"をご紹介します。ぜひチェックしてみてください。

『ワンポイント英語講座』2008年6月22日付掲載分を加筆修正のうえ再掲

楽しく英語が身につくジョーク集 ビジネス・日常で使えるジョーク218 - 英語のジョークを楽しむ会
楽しく英語が身につくジョーク集 ビジネス・日常で使えるジョーク218 - 英語のジョークを楽しむ会

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント