戦略読書

皆さんは、年間どのくらいの本を読んでいるでしょうか。そのうち、仕事関連とそうでないものの割合はどのくらいでしょうか。

『戦略読書』(三谷宏治著、日経ビジネス人文庫)では、セグメント管理による戦略的な読書を勧めています。セグメントとは、例えばビジネス基礎、ビジネス応用、非ビジネス基礎、非ビジネス新奇の4つです。各自のステージによりそれぞれのセグメントをどのくらいの割合で読むかを決めるのですが、目標を決める前に現状把握をするとよいかもしれません。

先日、著者のセミナーに参加しましたが、著者の話はもちろんのこと、他の読書家の参加者の皆さんの話も視野を広げるきっかけになりました。

戦略読書のポイントはAmazonの紹介ページにもわかりやすく説明されていますので、参考にしてみてください。

戦略読書 〔増補版〕 (日経ビジネス人文庫) - 三谷 宏治
戦略読書 〔増補版〕 (日経ビジネス人文庫) - 三谷 宏治

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント