貧乏国ニッポン

『貧乏国ニッポン』(加谷珪一著、幻冬舎新書)を読みました。

冒頭から「年収1400蔓延は低所得」の衝撃的な話があり、世界的視野で見た「安い国」日本という現状を突きつけられます。個人的にできることは限られているかもしれませんが、指針のようなものが最後に示されており、勉強になりました。

今後の経済が気になる方は読んでみてください。

貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか (幻冬舎新書) - 加谷珪一
貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか (幻冬舎新書) - 加谷珪一

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント