色のイロイロ

今回は色に関する表現を取り上げましょう。 同じ色でも、国や文化が異なってくるとイメージが変わってくることがあります。もちろん、似たようなイメージを持っている場合もありますが、まずは想像力を駆使して次の日本語を英語にしてみましょう。使う色を考えてみるだけでもけっこうです。 1.彼はマネージャーのお気に入りの子なんだ。 2.彼…
コメント:0

続きを読むread more

英語が話せるようになるための練習

リテンション(短期記憶保持)力やスピーキング力を上げる方法として、Read & Look upという方法があります。 スクリプトを手にし、英文を一区切りごとに自分で声に出して読みます。同じ箇所を今度は顔を上げてリピートする方法です。 この方法の良いところは、自分で区切りの箇所を決められるということ、リスニングの壁をなくせると…
コメント:0

続きを読むread more

貧乏国ニッポン

『貧乏国ニッポン』(加谷珪一著、幻冬舎新書)を読みました。 冒頭から「年収1400蔓延は低所得」の衝撃的な話があり、世界的視野で見た「安い国」日本という現状を突きつけられます。個人的にできることは限られているかもしれませんが、指針のようなものが最後に示されており、勉強になりました。 今後の経済が気になる方は読んでみてください…
コメント:0

続きを読むread more

戦略読書

皆さんは、年間どのくらいの本を読んでいるでしょうか。そのうち、仕事関連とそうでないものの割合はどのくらいでしょうか。 『戦略読書』(三谷宏治著、日経ビジネス人文庫)では、セグメント管理による戦略的な読書を勧めています。セグメントとは、例えばビジネス基礎、ビジネス応用、非ビジネス基礎、非ビジネス新奇の4つです。各自のステージによりそ…
コメント:0

続きを読むread more