テーマ:医療・健康

病院選びのコツ

体調が悪くお医者さんに診てもらいたいと思ったとき、どの病院に行ったらよいのか、何科にかかったらよいのかなど、案外わからないことがあります。 『Dr. ヤンデルの病院選び 〜ヤムリエの作法〜』(市原真著、丸善出版)を読んでいるのですが、この本はその疑問を解消する良い本だと思います。著者は医師ですが、とても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛対策に水

腰痛に悩まされている私が即買いしたのが『腰痛の9割は水で治る』(高橋洋平著、梅津拓史監修、かんき出版)です。 結論はタイトルの通りですが、なぜ水を飲むと腰痛が治せるのか、そのほかに日常で気をつけられることは何かなどについて触れられていて、自分で腰痛を改善または防止することができます。 これまでの「常識」を覆すような話も書かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最強の健康法

健康・医療の本がたくさん出版されている昨今です。何を読んだらいいか迷ってしまうと思いますが、情報量が多いわりに読みやすかった2冊を紹介します。 『最強の健康法 世界レベルの名医の「本音」を全部まとめてみた【ベスト・パフォーマンス編】』 最強の健康法 世界レベルの名医の「本音」を全部まとめてみた【ベスト・パフォーマンス編】SBクリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドクターの世界

人に勧められて読んだのが『腐女医の医者道!』(さーたり著、KADOKAWA)です。 医師の世界を垣間見たり、外科医という職業(のほんの一部)を知ることができます。また、働く女性の大変さも改めて感じました。ドラマ「コード・ブルー」のドクター・ヘリの経験も描かれていて、とても面白く、あっというまに読んでしまいました。『腐女医の医者道!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康的な生活の知恵

『(あまり)病気をしない暮らし』(仲野徹著、晶文社)を読みました。風邪やがんの話から、ダイエット、お酒、さらには遺伝の話まで、幅広い健康知識を学ぶことができます。 例えば、一番身近(と思われる)風邪の話で面白かったのは、「南極では風邪をひかない」ということです。外部から風邪のウイルスが入ってこないため、風邪にならないそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医師に「運動しなさい」と言われたら・・・

初読書は、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(中野ジェームズ修一著、田畑尚吾監修、日経BP社)でした。 わかってはいるけど、なかなか運動する時間を取れないと思っている方にはお勧めです。 糖尿病などの生活習慣病、肩こり、慢性疲労など症状別に、「さあ、運動しよう!」と気負わずにちょっとしたすきま時間でできるエクササイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more