テーマ:男脳・女脳・恋愛

脳の不思議

脳というのは、現代の科学技術をもってしてもまだ解明されていないことが多いそうです。 この度『パテカトルの万脳薬 脳はなにげに不公平』(池谷裕二著、朝日文庫)を読みましたが、新しい発見があったのはもちろんのこと、既知の情報でも新たなことが判明して変わっていたこともありました。 例えば、男女の脳の違いについてこんな記述があります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンガで学ぶ男性脳

『天才柳沢教授の生活』という漫画をご存知でしょうか。 そういう私は実はよく知らなかったのですが、『天才柳沢教授の生活  マンガでわかる男性脳 「男はここまでおバカです!」セレクト16』 (山下和美著/黒川伊保子解説)を読んだら興味が出てきました。 『マンガでわかる~』では、『天才柳沢教授の生活』からエピソードを 抜粋し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼の霍乱

最近、立て続けに「鬼の霍乱」という表現に出会いました。 広辞苑で調べてみると、「いつもは極めて壮健な人が病気に なることのたとえ」とあります。ならば、今週の私も「鬼の霍乱」 だったといえるでしょう。 久しぶりに風邪で寝込んでしまったんです。インフルエンザを 2年前に経験したときほど苦しくはなかったので普通の風邪 だと思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児玉清氏、絶賛

「児玉清氏、絶賛!!」「こんな恋愛小説を待ち焦がれていた。わたしは、 飛行機の中で、涙がとまらなくなった・・・」 こんな帯を目にはしていたもののなかなか手に取ることのなかった恋愛 小説を、このたびようやく読み始めました。 『水曜の朝、午前三時』。正直、このタイトルには全然惹かれるものが なかったんですよね。 今回手に取っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

場の空気を読む

今日思わず手にとってしまった本は、『「場の空気」が読める人、読めない人』 です。本当は、同じコミュニケーションをテーマにした本でも、デジタル ツールがコミュニケーション力の低下を招いているというようなことが 書かれている本を探していたのですが、そうしているうちにこの本が目に とまりました。 デジタルコミュニケーションによる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おんなってやつは、どうしてこう○○○なんだ!

この○○○に思い当たる言葉は何ですか? 『女はなぜ突然怒り出すのか?』の冒頭に、著者の姫野友美さんが 30代から50代の男性100人に対してこんなアンケートをとった結果が 書かれています。 ダントツの1位は「すぐ感情的になる」という回答だったそうです。 女性の私としては耳が痛いところですが、2位が「おしゃべり」、 3位が…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

男脳

昨日読んだ本に、恋愛脳があります。 サブタイトルは「男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか」で、 いつもなら解説をさっと立ち読みしてから購入を決めるのですが、 今回はさっさとその本をレジに持って行き、マックに立ち寄り 早速読み始めました。 失敗したのは、これを自宅で読まなかったこと。思い当たる節が ありすぎてニヤニヤしてし…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more