のだめの外国語学習法

『のだめカンタービレ in ヨーロッパ』を観ていたら、のだめが
パリでフランス語を学ぶシーンが出ていました。

大好きなアニメのフランス語版(日本語字幕つき)を使い、
フランス語のセリフを聞こえたとおりにリピートして暗記します。
そして、聞き取れないとき、リピートできないときは巻き戻して
再度挑戦するのです。好きなアニメを題材にしてストーリーの
中でフランス語に触れることで、フランス語の音と意味を一致
させることができます。

この方法は実際にとても有効です。私は海外ドラマや映画で
似たような方法で英語を学習することがあります。以前良く
観ていたのは"Ally McBeal"です。実際には英語字幕や
スクリーンプレイに頼ることも多いのですが・・・。
その代わり最初の数回は必ず「のだめ方式」で音だけをとり、
わからなかった部分を文字で確認するようにしています。

最近では日本の作品も外国語版がたくさん作成されています
ので(『のだめカンタービレ』のコミックも英語版がありますね)、
のだめを見習って(!?)アニメや映画、ドラマなどを使った
学習法を試してみてはいかがでしょうか。
アリーmy Love ファースト・シーズン DVD-BOX

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック