テーマ:音楽

勉強しないで英会話

「英語で日常会話ができるようになりたいけど、勉強したくない」という相談を受けました。 「そんなの無理だよ!」と言ってしまうのは簡単ですが、視点を変えると無理ではないかもしれません。例えば、音楽が好きな方だったら、「洋楽をカラオケで歌えるようにする」というのはどうでしょう。 私自身、「カラオケで洋楽をかっこよく歌えるようになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽で学ぶ英文法

NHKラジオ「短期集中!3か月英会話」の10月~12月のテーマは「洋楽で学ぶ英文法」です。 洋楽は、私の英語学習の原点です。以前にも記事を書いたことがありますが(「ムーヴィン・アウト」、「カラオケのススメ」)、高校時代にはとにかくカラオケで洋楽をかっこよく歌いたいという動機がありました。 そんな私にとって、この「洋楽で学ぶ英…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーレスク

久しぶりに良い映画を見ました。 「バーレスク」です。 クリスティーナ・アギレラの演技も歌も良かったし、シェールの存在感も 迫力があって素敵でした。 映画館で見て良かったです。 サントラを聴いて余韻に浸りたいと思います。 バーレスク オリジナル・サウンドトラックSMJ 2010-12-08 サントラ A…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ジャズとバレエ

先日、ジャズとバレエのコラボステージを鑑賞しました。 ジャズもバレエもあまり縁がなかったのですが、そんな私でも知ってる 曲が多く使われていました。 奥土居美可さんのボーカルはとても迫力がありました。観客を巻き込む 力もあって、魅力的な方です。 THEバレエカンパニーオブ横山のみなさんのバレエも、力強くも優雅で 素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ICレコーダー

ICレコーダーを新調しました。 前回の購入から3年も経っていないのですが、ピーク時には1週間も 電池がもたないほど酷使していたので寿命が短くなったでしょうか。 使えなくはないのですが、接続が不安定になってしまいました。 当時は十分と思えていた2GBのメモリーも、足りないと思うように なってきたところでした。そういう意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショパン生誕200年

連休中、ショパン関連のイベントを楽しみました。今年は、ショパンの 生誕200年です。 まず、ショパン展。 こちらはゴールデンウィーク期間のみという限定的な開催のせいか、 混雑しすぎてあまりじっくりとは見学ができませんでした。 それから、モーション・トリオによるコンサート。 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(「熱狂の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

布袋さんの洋楽カバー

布袋寅泰さんのニューアルバム『MODERN TIMES ROCK'N'ROLL』を 入手しました。 いわゆるロックの名曲をカバーしているわけですが、これがとても良い 感じです。 収録曲は次の14曲。個人的には「BORN TO BE WILD」と「ジョニー・ B.グッド」のアレンジが気に入っています。 1. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポップ・ミーツ・クラシック

エタニティ∞をご存知でしょうか。 元Sweetboxのプロデューサーとヴォーカリストが結成したユニットで、 クラシックをモチーフにしたアルバム『エタニティ』を発表しています。 SummeryColorsさんのブログを読んで即購入したのですが、かなり 良い感じです! 個人的には、ショパンの別れの曲をモチーフにした"S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイケル・ジャクソンと不老不死

今さらながら、マイケル・ジャクソンの話です。 特別マイケル・ジャクソンのファンだったというわけではありませんが、 やはりあれだけのスターの早すぎる死はショッキングです。 先日、知人から脳を保存する話を聞きました。科学がさらに進歩すれば 将来自分の脳を再生できるようになるかもしれないので、そのときの ために脳を保存してお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「熱狂の日」前夜祭

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2009の前夜祭 スペシャルコンサートで、楽しいひと時を過ごしました。 今年は日本での開催が5回目ということです。 そこで、前夜祭コンサートの第一部では、第1回から第4回の各テーマを 代表する曲というのが演奏されました。それぞれのテーマというのは、 「ベートーヴェンと仲間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハ -- 風土の果実

茂木健一郎さんの講演会でした。『音楽の捧げもの』の刊行記念です。 本に載っていることはもちろん、載っていない話もたくさん聞けて楽しく 過ごすことができました。 内容を簡単にいくつか挙げてみます。 ・ドイツの人は高貴な野蛮さを持ち合わせていて、理想のためにどんな 障害でもなんとしても乗り越える力がある。 ・指揮…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

音楽の効用

お世話になっている整骨院で、電気治療中の短い間に眠りに落ちて しまいました。このところ毎回です。 疲れていたり寝不足だったりという体の状態も少しはあるでしょうが、 今までは似たような状態でも眠ってしまうということはなかったように 思います。 そこで先生に聞いてみると、最近、アルファ波が出る(といわれている) リラック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンマ・ミーア

映画『マンマ・ミーア!』をようやく観てきました。 7年ほど前に劇団四季のミュージカルを見たとき、スタンディング オベーションの感動を味わいました。 それで、映画化された『マンマ・ミーア!』もぜひ観たいと思っていたの です。 ご存知かもしれませんが、『マンマ・ミーア!』はアバの音楽で構成された、 笑いあり涙ありのミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YouTubeの活用

みなさんはYouTubeをどのような時にご覧になっているでしょうか。 英字新聞や洋雑誌を読んで気になったトピックについて、知識や英語 スキルを補足するために関連ニュースを探して見る、というのが今までの 私のYouTubeの使い方でした。 先日のシャンソン講習会では、事前に課題曲をYouTubeでチェックして きたという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドビュッシー

友人がオペラのレッスンを受けていて、今日はその発表会でした。 楽曲はもちろん、作曲家の名前すら初めて聞くようなものも含まれて いましたが、とても素敵なパフォーマンスでした。前に聴いたときより 上手になっていて、よけい感動しました。 せっかくなので、他の方の演奏も聴いてきました。どの方も、本当に 素晴らしく、あっという間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャズ・ミュージシャンの人生模様

NHK-BS2の「週刊ブックレビュー」で『Jazz It Up! マンガまるごとジャズ 100年史』が取り上げられたのを見たのは、『ジャズの歴史』を読んだ (「ジャズの話」参照)矢先でした。 それで、書店で見かけたこの『Jazz It Up!~』も迷わず手にとりました。 ジャズのスタイルの歴史も詳しくて楽しく読めるのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャズの話

ジャズといえば即興演奏。そう思っていましたが、この「即興」というのも 奥が深いようです。 1.そっくりそのまま真似る。 2.そっくり真似るつもりが、ことこころざしと違って別ものになってしまう。 3.意図的に工夫をこらして変革をこころみる。 4.惹かれるけれども真似るのを嫌い、背をむけて別方向(ときに反対 方向)をめざす …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

キース・ジャレット

知人のブログでキース・ジャレットというピアニストの存在を知りました。 「こうストレスの多い毎日の中で、Keithの弾く端整で、一切乱れがない ヘンデルを聴いてると色々なものが研ぎ澄まされてくる感じになる」という 言葉に誘われて、『ヘンデル:クラヴィーア組曲』を聴いてみました。 このところ音楽を聴く余裕がなかったのですが、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

タイ映画

『風の前奏曲』。 気になっていたタイ映画の名前が、今日やっとわかりました。 これは、以前友人と何の気なしに観た映画です。急に 「映画を観よう!」と思いつき、その時間に合う映画が この『風の前奏曲』だったというだけで選びました。そんな いきさつで観たせいか、とても良い映画だったのにその タイトルを覚えていませんでした。タイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清水永二さんライブ第二弾

いや~、良かったです! 何がって、先日の清水永二さんと大橋勇武さんのセッション です。前回の復帰(!?)ライブ以上に激しく盛り上がりました。 第一部が終わりブレイクに入ると、飲食するのも忘れて演奏に 引き込まれていたことに気がつきました。周りの方とは「人間の 欲って一つなのね~」と妙なところでも感心してしまいました。 (…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

清水永二さんライブ

師走に入りあっという間に毎日が過ぎていますが、先週の 金曜日(11/30)に清水永二さんのライブに行ってきました。 場所は「Live & Dining Bar 音楽室」。 インストゥルメンタルのライブが(クラシックを除けば)初めてなら、 あんなに(1メートルもなかったような・・・)間近で演奏を見たのも 初めてで、ものすごい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロックとクラシックの融合

昨日は、PERSONZ ORCHESTRAのコンサートでした。文字通り ロックバンドPERSONZを中心とした楽団で、音楽芸者のEmi Eleonola(エミ・エレオノーラ)さん、Brass MIX!などのメンバーで 構成されています。 昔から親しんできたPERSONZの楽曲のクラシックアレンジ なんてあまり想像がつかな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビーチ・ボーイズ

「夏の音楽」といって思い出すバンドの一つがビーチ・ボーイズ です。 ビーチ・ボーイズの曲を初めて知ったのは中学生時代。何の 曲がきっかけになったのかは忘れてしまいましたが、とても 気に入りました。買えるレコードもCDも限られていた当時の 夏休み、深夜のFMラジオのビーチ・ボーイズ特集をがんばって エアチェックした記憶があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライブと体力

昨日は、PERSONZのライブでした。久しぶりに行ったのですが、 とっても楽しかったです~。 JILLさんいわく、「今回のcomealive20070720のサブタイトル 『AMPLIFIER BEST』は『AMPLIFIER』というアルバムにこだわる という感覚ではなくて、あくまでPERSONZのライブのベスト チョイス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドリーム・ガールズ

今年初となる映画鑑賞は、『ドリーム・ガールズ』でした。 実は、この映画を観るのに何の予備知識もなく、映画を観ながら モデルになった歌手(やグループ)があるのかなと思っていました。 調べてみたら、ダイアナ・ロス&ザ・シュープリームズが下敷きに なっているのですね。 ストーリー、音楽、パフォーマンス、本当に全て満足!ショー…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

佐藤良明先生のビートルズ論

「ラジオ版 学問ノススメ」というポッドキャストが最近気に入って います。バックナンバーをチェックしていたら佐藤良明先生が 10月に登場していたので聴いてみました。 佐藤先生は、例の(!?)NHKテレビ『3か月英会話‐ジューク ボックス英会話』の講師を務めている方です。 ここで、珍しく講師プロフィールを確認していなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ジュークボックス英会話」再び

「ジュークボックス英会話」で書いた、NHKテレビ「3か月 トピック英会話‐ジュークボックス英会話」が始まって1ヵ月が 経ちましたが、予想以上によくできています。 今日の放送はアバの"Dancing Queen"でした。 私がアバの曲を好きになったのは『マンマ・ミーア!』という ミュージカルを観てからですが、この番組でプロモ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

GLAYのニューアルバム

「R25」にTAKUROさんのインタビューが載っていたこともあって、 早くGLAYのニューアルバムが聴きたくなりました。今月31日に 発売する"LOVE IS BEAUTIFUL"は、実に3年ぶりのオリジナル アルバムなんです。 かつては、職場の先輩と一緒によくGLAYのライブに通い、 たくさんの感動をもらいました。GLA…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジュークボックス英会話

来年1月から3月のNHKテレビ「3ヶ月トピック英会話」は、私に とって待望の語学番組となりそうです。 その名も『ジュークボックス英会話』。 洋楽の歌詞から、日常に役立つ感情表現を学ぶというもので、 時代背景や歌手・アーティストについてももちろん知ることが できます。すでにNHKラジオ『シニアのためのものしり英語塾』 でも…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

プラダを着た悪魔

久しぶりに観た映画は、『プラダを着た悪魔』でした。 ストーリーもとても面白かったし、音楽も非常に良かったです。 「プラダを着た悪魔」とは、ご存知の方も多いでしょうが、ファッション 界のカリスマ(?)ゆえに(?!)鬼上司のミランダのことです。 メリル・ストリープが演じているのですが、とてもリアル! 部下に指示(単なる要求?)…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more